« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

維新號ー2

お待たせいたしました維新號レポ第弾です

Img_1766 Img_1771_2 あんまん
北海道産の大納言小豆を原料に使い、じっくりとたき上げた自家製あんの、やさしく程よい甘みと香りは、どなたにも好まれています。備長炭のづんまつで漆黒の仕上がりとなります。
Img_1767 Img_1772 ごままん
異色のオリジナル商品で、甘みはあんまんより強く個性的です。甘さの中での書く素材のハーモニーを楽しんでいただけます。

いやーーーーごままんの能書き、回りくどいわねーー
なんと、このごままん、中にオレンジピール、レーズン、くるみ、松の実などがはいっているんです
確かにおっしゃるとおり、甘みは強いです。
でも、このオレンジピールがさわやかなのです
もうちょい甘みを控えめにすると、こりゃ、相当うまいぞグーググー

あんまん。こりゃ、相当上品な甘さで、かなりポイント高いです。

あー、またシュウマイ食べたくなっちゃった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーニヒスクローネ

ホワイトデーですよー。
ケーニヒスクローネ  のロールケーキ

Img_1709Img_1707
シャルロットケーキのようなまわりのスポンジ。
中は生クリームを控えめに、と、カスタードクリーム。
それにアンコとイチゴ。
ドイツと日本のさわやかなハーモニー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

維新號

ガッツリ中華→マンション の帰り。維新號の工場が近くにあると聞き、一緒に行ってきました。

維新號といえば、叶姉妹も大好きという中華屋さん。なんと、ふかひれラーメン一杯1万円以上もするんですって

工場直売なので、もちろんふかひれラーメンはありませんが、肉まんがありました

しかも、肉まんのほか、ラーパオ、からしなまん、あんまん、ごままん、シューマイ、かに・えびシューマイというラインナップ。

あらーーー。どうしましょう。悩める乙女だわー。ということでパパちゃんに相談すると、「全部いっちゃえ!」と、なんとも太っ腹なアンサー

ということで、にくまん、ラーパオ、からしなまん、あんまん、ごままん、シューマイを買ってみました

全部一気には食べられImg_1720ませんってば
Img_1721オバチャンにね、ラッピング不要ですよーって言ったら、「あらー。この包装紙、かわいいんですよー」と、お答えが・・あのう。答えになってません。折角なので写真を撮ってみました。かわいいねー。

Img_1724 Img_1727 【にくまん】
うまみのある豚肩肉に北海道産貝柱のだし汁をたっぷり加え、キメ細やかな舌触りに練り上げてあり、しつこさがありません。上品な薄味で、こくのある味わいをお楽しみいただけます。ボリューム感もあり、朝食にも最適です。
Img_1723 Img_1729_2 【ラーパオ】
肉まんのうまさとボリュームに、細切り筍をたっぷり加え、ぴりっとしたから差の競い合いをひとつにまとめ、深みのある和みの辛さに仕立てました。

Img_1735 Img_1740【からしなまん】
中国産の雪菜に、もろもろの具を加えて炒め上げた一品料理を包み上げました。さっぱりした塩味で、肉の嫌いな方や、野菜の好きな方へのヘルシーなおまんじゅうです。

Img_1730 Img_1728【シューマイ】
貝柱のうまみを素にした、あと味の良い豚肉シューマイです。

とまあ、こんな感じなんですが。
にくまんとラーパオは甲乙つけがたいかんじですね。
欲を言えば、ラーパオの筍が、角切りだと尚嬉しいですね。細切りなのでやわらぎメンマみたいな感じですかね。
んでもって、からしなまんは、おやきみたいな感じです。

でででででね。シューマイがサイコーにうまいっす。
かなりジューシーで食べ応えバツグン

残りのフタツもたのしみなのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE ガッツリ ランチ!

おむつケーキを下さった、 Mさんご夫妻
と、とあるマンションの見学に。
おっと、その前に腹ごしらえ。なんてったって、食いしん坊メイツですから

やってきたのは錦糸町にある栄福  という中華料理屋さん。

奥さまのRさんがテキパキとオススメのものを注文。

Img_1711 Img_1710 Img_1718
A型。優柔不断(ゆーじゅー)なアタシ。こう、テキパキと注文されちゃうと、惚れちゃいそうです



Img_1712 Img_1713Img_1716 麻婆豆腐。
手をグサッツ! とすることなく、おいしい麻婆豆腐が食べられるなんてなんて幸せなことでしょう
最後に、口のなかに残る山椒の香がたまらないですね~
Img_1714 Img_1715五目炒麺かな?
このた~~っぷりのあんの下には、中太ストレート麺がたっぷり!
中華屋さんで食べる醍醐味はこの、シャキシャキのモヤシにあるでしょ!!
Img_1719 チンジャオロース!
キレイでしょー。お肉どこ?って見た目ですが、食べるとお肉の存在がどどーんです。
大きめきくらげも嬉しいね

Img_1717 ニラレバー炒め。
はい調べました。あのCM以来、ニラレバかレバニラか、白黒つけられなくなっちゃってます。このお店ではニラレバーらしい。
なんと、丼の器で登場下にたっぷりのレバーがおりました

味付けが、ほかのお店と明らかに違っていて、「おだし」って感じで新鮮でした

おなかいっぱーーーーーい & 春のぽかぽか陽気 & 花粉症のお薬のため、マンションのプレゼン時間はバクスイしちゃいました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチゴちゃんと大福ちゃん

珍しく、和菓子の話題です。

昨日遊びに来たママ友ちゃんが持ってきてくれたお土産♪
イチゴ大福。

苺大福って賛否両論の物議をかもすものの一つなのだけど。
コレを食べてTUYETは思いました。反対派のみなさん、美味しい苺大福を食べたこと無いんじゃありませんこと???と。

和菓子には疎くて、どこそこの羊羹だの、どこそこのお饅頭だの言われますが、正直わかりません。山田屋まんじゅうを凍らせて食べるとおいしいことくらいかな(笑)

話は苺大福に戻りまして。
翠江堂 の苺大福なんですけど。激ウマだったんです!!!

皮がね、ものすごくふわふわでやわらかくて、しかも薄いのに存在感ありで、だけどお腹にずっしりは来ない感じ。
餡子の上品な甘さ。
なんといっても苺が手抜きじゃない!大粒で、甘い。結構、ゴリゴリした、酸っぱいのを使ってるのって多いじゃないですか~。なのにさわやかな酸味が口に広がる・・

ほんと、オススメです。
Mちゃんありがとう♪♪♪
Dsc_0302 Dsc_0306_2




Qrcode

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »